• 住宅ローン借り換えランキングおすすめナビ-金利・手数料で比較

住宅ローンの諸経費

住宅ローンの諸経費

住宅ローンの借り換えでも住宅を購入する際と同じように諸費用がかかってきます。
借り換え時にかかる諸費用とは、融資保証料や登記費用、印紙代、銀行事務手数料などがあり、これらも合わせて総額の負担を考慮する必要があります。

保証料は信用保証会社によって異なりますが、借入額1000万円で返済期間が35年の場合で約20万円、25年のときで17万円ほどです。
例えば、借入額3000万円で返済期間35年だと、20万円X3000万/1000万=60万円となります。
ただし、保証会社を通さない住宅ローンもあり、この場合は必要ありませんので、大きく負担額を減らすことができます。
住信SBIネット銀行新生銀行、およびフラット35を提供する楽天銀行では保証料はかかりません

事務手数料は一律で◯万円というふうに固定で決まっている場合と、融資額×◯%というふうに借入額に比例する場合があります。
なかには事務手数料の支払額に応じて、金利が低くなるといった住宅ローンもあります。
この場合は、金利の一部を前払いで払っていると考えるとよいでしょう。
事務手数料も金融機関によっての差が大きいので、支払い総額を考える際には必ず考慮に入れましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 住宅ローン繰り上げ返済

    住宅ローンを組んでいる人は、なるべく繰り上げ返済を行うことを目標にしている場合が多いでしょう。 繰り上げ返済には期間短縮と返済額軽減の方法があります。 住宅ローンの繰り上げ返済を期間短縮で行うメリットとしては、融資の申し込みをし...


  • 住宅ローンの審査

    住宅ローンを利用するには各金融機関が行っている審査を通過しなければなりません。 借り換えの場合も新規融資申込みと同様に審査が必要となります。 住宅ローンの審査では以下のような項目がチェックされます。 一般的に住宅ローンの審...


  • 住宅ローンの諸経費

    住宅ローンの借り換えでも住宅を購入する際と同じように諸費用がかかってきます。 借り換え時にかかる諸費用とは、融資保証料や登記費用、印紙代、銀行事務手数料などがあり、これらも合わせて総額の負担を考慮する必要があります。 保証料...


  • 住宅ローン金利のタイプ

    住宅ローンを選ぶ際に重要な点はいくつかありますが、金利がどの位かと言うことが一番のチェックポイントになっています。 住宅ローンの金利は大きく分けて3つに分けられ、固定型金利と変動金利、固定期間選択型があります。 固定金利型にも種...


  • 借り換えシミュレーションで返済負担を確かめる

    住宅ローンの借り換えには、様々な諸費用がかかるので、ただ単に金利が少し低いだけでは、総負担額としては結局高くなってしまう可能性もあります。 では、どういった条件の時に借り換えをするのがよいのでしょうか。 住宅ローンの借り換えで、...


  • 住宅ローン比較ポイント

    借り換えを検討する際には、まずどの住宅ローンを選ぶかが大切です。 住宅ローンの融資先を選ぶポイントとしては、金利を比較することが重要になり、失敗すると返済総額に大きな差が出てきてしまいます。 また金利以外にも、金利の種類や手数料...